ミギカタアガリ®

Amazon Pay導入効果 顧客属性

Amazonの男女別利用者の割合は

男性が高い傾向があるとよく耳にします。

また、電子決済やキャッシュレス化への積極性においても

男性の方が積極的であると言われています。

 

以上からAmazon Payの利用者も男性利用者の割合が大きく、

その男女差は大きいのではないかと推測されます。

 

本稿では上記仮説について実際のECサイトのデータをもとに検証します。

 

<調査方法>

決済方法別のAmazon Pay利用率を算出し、

利用者を性別及び年齢でドリルダウンします。

 

<調査結果>

まず、Amazon Payとその他の決済方法の利用率を見ると、

Amazon Payの利用率が全体の21.0%と約5分の1を占めています。

 

どの決済方法が主要かという傾向は、ECサイトのターゲット属性や商材などによって様々です。

決済方法自体も多岐にわたる中で、21.0%という数字は決して低くない存在感を示していると言えます。

 

次に、このAmazon Payユーザーの内訳を性別、年齢別に見ていきます。

注意点として、性別や年齢を「指定していない」会員が約49%おり、

これらの会員を除いた会員の総数を100%として集計しています。

 

 

女性が34.5%と3分の1以上を占めています。

特に25~29歳女性が全体の12.5%と30代以上の男性より高い数値を示しています。

 

ECが活発化してきている現在で25~29歳女性にボリュームが生まれているということは、

5年後、10年後の将来において、女性によるAmazon Pay利用の世代は広がりを見せる可能性が高いと言えます。

 

さらにこのデータを購入デバイス別に集計すると以下のようになります。

 

 

 

 

 

スマートフォンではより女性の占める割合が優位に、

PCではより男性の占める割合が優位になっています。

 

ECサイトの売上ボリュームはスマートフォンが6割以上を占めることが多く、

スマートフォンによる売上増加への投資が重要視されています。

主要なデバイスであるスマートフォンで25~34歳女性が約4分の1のボリュームを持つことは大きな特徴であり、

このセグメントをターゲットにしたマーケティングには大きな意義がある可能性が高いでしょう。

 

 

Amazon Payは様々な年代や性別で広がりを見せ、

さらに利用デバイスのセグメントによって利用者のボリュームに傾向があることが示唆されました。

スマートフォンの利用率が高く、20代後半から30代前半の女性がターゲットであるECサイトでは、

Amazon Pay導入の効果をより感じることができるかもしれません。

 

 

※Amazon、Amazon.co.jp、Amazon Pay およびそれらのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。