調査・分析

ユーザーに選んでもらうために必要な「サイトコンセプト」と「情報設計」 ― ECサイト顧客マネジメント戦略第2回

ECサイトは高度に標準化されている

 

Markezinevol2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1993年に広島の企業が開始したインターネットでの洋書販売が、日本で初めてのECサイトであった。

それから約18年が経ち、ECサイトは多くのユーザーの買い物行動によって、また、多くの先人たちの知恵によって最適化されたものになってきている。現在のECサイトは、一朝一夕にできたものではなく、効率化・売上拡大を目指す企業によって創られてきた、標準化された買い物装置でもある。特に買い物カゴ以降の遷移は、その最たるものだ。言い換えれば、世の中のECサイトが採用している基本的な構造・情報設計は、多くのユーザーが利用してきた結果でもある。

従って、他社の多くには存在するが自社には存在しない要素がある場合や、あまりにも斬新な構造・情報設計に対しては、ユーザーに新たな学習体験を強いることになるため、購入ハードルが高くなる可能性がある。使いやすいECサイトというのは、ある程度標準化されている必要がある。

この回では、顧客マネジメント戦略を構築するうえで前提となる“ECサイトの店構え”について考えてみたい。

 

記事の続きは「MarkeZine」をご覧ください。

PAGE TOP